「Masato」を読んで / Masato

真人は、父親の転勤にともない、家族全員で日本からオーストラリアに移り住むことになった。
現地の公立小学校の5年生に転入した真人だったが、英語が理解できず、クラスメイトが何を話しているのか、ほとんどわからない。
いじめっ子のエイダンと何度もケンカをしては校長室に呼ばれ、英語で弁解できず鬱々とした日々が続く。
そんなある日、人気者のジェイクにサッカークラブに誘われた真人は、自分の居場所を見つける。
一方、真人の母親は、異文化圏でのコミュニケーションの難しさに悩み苦しんでいた――。

あらすじより

今日は岩城けい著「Masato」を読んだ感想を書きます。

この本は渡豪前に会社の先輩に勧められたものなのですが、ずっと積読状態でした。
この週末にふと思い立って読んだのですが、あらすじにもあるように、日本からオーストラリアに移り住むことになった家族の話で、自分に照らし合わせてとても考えさせられる内容だったので、思考のまとめも兼ねて感想を書きます。

物語自体はとても読み易くて小学生でもサラッと読めてしまうと思います。
主人公の小学6年生の真人の視点で、オーストラリアでの生活、現地校での体験、両親との関係、High School(日本で言う中学、高校)進学に向けての努力や葛藤が描かれています。

12、3歳のお年頃で、両親からすると(特に母親からすると)まだまだ子供の真人。
自我が育ってきたこともあって親への反発や、自分の気持ちをわかってもらえないことに対する不満があったりと思春期にありそうな描写もあれば、一方で現地校でのいろいろな経験を通してたくましく成長していく姿も描写もあります。

一児の親の僕からすると、真人の両親がどの様に真人に接するか?と言う視点で読んでいました。
両親の専らの心配は、真人は日本とオーストラリアのどちらの中学(high school)に通わせるか?である。
これに関して両親の意見が真っ向にぶつかり合います。
どちらの言い分も真っ当でわかります。

僕の娘はまだ一歳ですが、なんだが将来の自分の事のように感じてしまいました。

僕ら夫婦もこの小説の両親と似たような海外生活の苦労はありますし、娘も大きくなれば「自分の親はこの国に移住してきた人」と言う事実によって何らかの苦労をかけるかもしれない…

僕らはこの先一生オーストラリアに暮らしていくわけではなく、おそらくどこかのタイミングで日本に帰国することになるのではないかと考えてます。

なのであまり大袈裟に考える必要はないかもしれません。

でもやはり海外に移住した親として子供に対してすべきこと、子供に与えてあげるべきこと、を考えさせられました。

「子育てに正解はない」とは言ったのものですが、「どういう風に育ててあげることがこの子にとってベストだろうか?」と、どこかにある『正解』を探すように考えてしまいがちです。

まだ明確に考えがまとまっていないのですが、今僕が考えている子育ての姿勢としては

  • 「日本」に親しみを持ってもらえるようにする。でも無理な強制はしない。
    • 日本の絵本の読み聞かせ
    • 日本語の本をいっぱい置いておく
    • 日本文化に触れる機会を作る(季節の料理や行事)
  • 地域コミュニティや友人などの「縁」を作ってあげる
    • まず僕自身が地域社会に積極的に関わる。人間関係を広げる。
    • その為に仕事や単純な日常会話だけ満足せず、よりカジュアルでウィットに富んだ自然なオージーイングリッシュを身につけるように努力する

というようなことを考えています。

子育てを通して、子供の目を通じて、オーストラリア の事をもっと知り、文化を楽しみ、そして日本の事も勉強し直し、文化を振り返り、子供と一緒に二つの文化を楽しみたいと考えています。

See you, mate!

コメント