僕がブログを始めた理由 1 / The reason 1

AUSTRALIA

G’day, mate!

今日は、なぜ僕がブログを始めたか、その理由を書きます。

理由は大きく5つあります。

  1. オーストラリア生活で得た知識を整理して、より深めたい。
  2. 浮かんでは消えていく思考を言語化することで、思考を客観視、整理したい。
  3. 家族、友人たちに「元気でやっているよ!」ということを具体的に、継続的に伝えておきたい。
  4. 日本語力をキープ、あわよくば上達させたい。
  5. 40代、50代になった時に、今は予想できない「何か」を収穫できるように、種まきをしておきたい。

今日はまず第1の理由について書いていきます。

1.オーストラリア生活で得た知識を整理して、より深めたい。

やはり海外で生活すると日本との生活とは異なりますますから、色々と発見や学びが多いわけです。例えば些細なことで言えば、

「バスは手を上げないと止まってくれない。」
「電車内に広告がない。」
「タクシーは助手席に座るのがマナー。」
「マンゴーが安くてうまい。」

とかとか、まぁほとんどどうでもいいのですが、「なんでそうなの?」を深掘りして考えたり調べたりすると気づきがあります。小難しい例で言えば、

「日本では山火事はほぼ起こらないがなぜオーストラリアでは頻発するのか?」
「オーストラリアは製造業が弱いのになぜこんなに豊かなのか?」
「移民政策が成功していると言われる、その所以は何か?」

等々も考えたり調べたりします。

そういったことからの発見、気づきを文章で残して、整理して、知識を深めたいと思いました。

「それならブログとしてでなくても個人的にノートなどにまとめれば良いのでは?」

そうですよね。僕もそれで良いと考えてました。
でも最近、「アウトプット大全」を読んで考え方が変わりました。

「現実」はアウトプットでしか変わらない。
インプットはただの「自己満足」。「自己成長」はアウトプットの量に比例。

樺沢 紫苑著 「学びを結果に変えるアウトプット大全」 より引用

結局ただインプットしているだけでは、わかった気になっただけで記憶に定着にしないんですよね。やっぱりせっかく学んだのだから、アウトプットをすることで定着させたい。

さらにこんな事を聞いたことがあります。

「発信者が一番勉強して、成長している」

どんなに有益な本を読んだり、勉強になる動画を見ても、発信者が一番がその内容に関して深く考察しているし、それをアウトプットすることで成長している、ということですね。

そんなことを考えているうちに、「ブログでアウトプットしよう」と決意するに至りました。

もう少し言うと、オーストラリア生活もいつ終わりを告げるかわからない中で、いざその時を迎えた時に「俺はこの地で何を成し得たのか?何を学び、何を感じたのか?成長したのか?」と自己問答すると思うんですね。絶対します。その時に、その答えはすべてここにある、というものを作っておきたいと思いました。

以上が僕がブログを始めた1番目の理由「オーストラリア生活で得た知識や知恵を整理して、より深めたい。」です。

次回に続きます。

See you, mate!

コメント