僕がブログを始めた理由 2 / The 2nd reason

AUSTRALIA

G’day, mate!

今日は、なぜ僕がブログを始めたか、その2番目の理由を書きます。

1番目の理由はこちら⬇︎

2.浮かんでは消えていく思考を言語化することで、思考を客観視、整理したい。

これは1番目の理由と似ているのですが、1番目は「得た知識、知恵」が対象ですが、こちらは「思考」が対象です。

日々生活をしていると悩みや将来の不安は尽きないですよね。
僕は基本的には楽観的なタイプですが、ふとした時に以下のようなことを考えます。

「この変化の早い時代、そして人生100年と言われるこの時代、いかに心身の健康を保ち、楽しく生きるか?」
「子供の教育はどうしよう?」
「今の職業はあと何年続けられるだろうか?次のキャリアはどうしようか?」

こういったような「すぐには答えの出ない問い」を抱えてウンウン考えることは、老若男女誰しもありますよね。

こういったすぐには答えの出ない問いに対して、何らか解を出そうとあれこれ考えてみるものの、どうにもこうにも思考がまとまらず、そのうち他の事に気を取られたり、「また今度考えよう」と先延ばしになったり、仕事が忙しすぎてゆっくり考える時間がなくて、そもそも問いに対して向き合わなかったり…ということは誰しもあると思います。
間違いなく自分はそうです。

僕の場合は、20代後半ー30代前半まではオーストラリア永住権を取る事を最優先で生活していました。
上で書いたような問いはたまに頭に浮かびましたが、「まずはオーストラリアに移住する夢を実現させたい。それを実現させた上で、その他諸々はその後に考えようと」と考えていました。


幸運な事に昨年2019年に永住権を取得でき、かつ長女も誕生しました。

2019年は取り巻く状況が大きく変わったので、2020年の今年は「この先」をじっくり考えたいと思いました。

ではどうやって考えるか?

頭の中で考えても思考が発散してまとまらないのは過去の経験から明白。
やはり紙に思いついた思考をドンドン殴り書きしていって、思考を「見える化」するのが一つのやり方だと思います。
「見える化」した上で、足りない情報は調べ、調べた内容も書き出し、全体を俯瞰して上で何らかの結論を出していく。
そこで更に、その過程をブログでまとめると、更に思考が整理されて深まります。
ブログに書く、ということは人に伝えるということだから、伝わりやすいように、説得力があるように、再構築しないといけない。
このアウトプット作業を通して、思考のアラが見えてくるかもしれないし、さらなる情報が必要だとわかるかもしれない。
また、アウトプット作業を通して記憶に定着します。

まとめると、

  1. 紙に思考のテーマを書いて
  2. 頭に浮かんだ思考をドンドン書いて
  3. それを眺めながら、疑問点は調べたり、詳しそうな人にアドバイスと求めたり情報を集め、何らかの結論を導き
  4. その過程の要点をブログにアップする

これが僕がブログを始めた2番目の理由です。

さて、ここまで書いたら、なんだか仰々しいなと思い始めました。
シンプルに書くと「感情を言語化したい」ということなんです。

「そんなパーソナルなことは日記でやればいい」

という声が聞こえてきそうです。
まさにその通りなのですが、あえてブログで公開することで緊張感を持たせたいと考えたんです。
また公開することでなんらかの反応があるのではないか、なんらかの機会の創出につながるのではないか、といったような下心もあります。

次回に続きます。

See you, mate!

コメント